無職でも借りられる

無職でもお金が借りられる場合があります。

無職でもお金が借りられる場合があります。銀行のカードローンの場合だと無職である場合でも配偶者や家族に安定した収入がある場合には融資を受ける事が可能です。銀行の場合だと即日借入が可能な場合もあります。その場合だと申請者本人だけでなく一緒に生活している配偶者なども審査の対象になります。審査の過程で本人はもちろんですが、配偶者の信用情報を信用情報登録機関から照会します。その際に遅延や延滞などの金融事故がある場合には融資が断られる場合があります。お金を借りる理由を申請書に記載しますが、その理由が病気や車の故障といった生活していく上でどうしても必要と誰しもが認めるような理由である場合には融資が認められる可能性がありますが、ギャンブルや借金の返済などが理由の場合には融資が認められない可能性が高くなります。
銀行によっては会社に在籍確認の電話が入る場合もあります。本人にきちんと収入があるかどうか確認するのと同時に申請書に真実を記載しているかどうかを確認しています。電話連絡があった際に申請者本人が出れば1番良いですが、本人が出ない場合でも会社の先輩や後輩が勤務していることを証明すれば良いとされています。万が一在籍確認が取れない場合にはきちんとした収入がないと判断されるだけでなく、申請書に平気で嘘を記載する信用のおけない人と判断されます。そのため職場に在籍確認の電話がかかってきた時にはきちんと対応する事が必要です。