総量規制とキャッシング

主婦でも総量規制を気にすることなくキャッシング可能です

消費者金融のキャッシングなどを利用する本人に安定した収入がないと借入は出来ませんが、銀行などのカードローンを利用する場合には専業主婦でも対象となる場合があります。借入の限度枠ですが、消費者金融の場合には総量規制の関係で年収の三分の一までしか利用できませんが、銀行の場合だと総量の規制の縛りはありません。そのため銀行が認める範囲であればお金を借りる事が可能です。
主婦がお金を借りる際には注意しておく事があります。主婦には安定した収入がないため配偶者の収入が審査の対象となります。配偶者の収入が銀行の求める基準に合わない場合には融資が拒否される場合があります。銀行によっては職場への在籍確認が行われる場合がありますが、万が一在籍確認が取れない場合には配偶者に安定した収入がないと判断されるだけでなく、申請書に平気で嘘を記入する信用できない人と判断されます。そのため申請書には事実を正確に記載する必要があります。
利用者本人と配偶者の過去のクレジット履歴も審査されます。信用情報登録から取り寄せた信用情報の中に遅延や延滞などの情報がある場合には融資が拒否される場合があります。また遅延や延滞などの情報がない場合でも新規のクレジットカードや銀行のカードローンの申請が行われている場合には、金に困っており不良債権になる可能性が非常にたかいと判断され、融資が拒否される場合があるので、そのような場合には時間をおいて申請する必要があります。