複数のカードローン審査

複数のカードローン審査に申込むとどうなるか

複数のカードローン審査に、短期間に同時に多数申し込みをすると、そのことによって審査で不利になることがありますので注意しましょう。1ヶ月に2社ぐらいまでならば問題ありませんが、3社以上連続で申し込みをするのは避けた方が望ましいです。
カードローンなどの金融商品では、各社の利用中のサービスの状況や過去の利用履歴が保存され、金融機関や貸金業者の間で共有されています。過去に滞納などがあったり、強制解約などがあればそのことが判明するのはもちろんですが、申し込みをした事実も記録されるようになっています。
そのため、複数のキャッシングサービスに連続で申し込むようなことをすると、お金に困っている人なのではないか、という判断となり、返済能力が無い人物と扱われてしまう可能性があります。
このような状態を、申込ブラックと呼ぶこともあります。これは、短い期間に集中してカードローン審査に申し込みをした事実が信用情報機関に残ってしまい、どのサービスの審査にも通らなくなった、つまりブラックリストに載ったといわれるような状態を指しています。このような状態になると、6ヶ月間以上経過するのを待たなければ元の信用情報に戻りませんので注意しましょう。
せっかく安定した収入もあり、特に過去に滞納した経験もないならば、利用できる可能性が高いものも、複数のサービスに集中して申し込みをすることによって、利用できなくなるともったいないことです。